Department of Correction ‘quickly’ decides to close work release facility

Monday, November 7, 2011 at 7:10pm
Staff reports

State correction officials Monday announced the closure of the Charles Bass Correctional Complex-Annex because the facility could no longer operate under the current design or operate as a “secure facility.”

A Tennessee Department of Correction release stated that “while the decision to close the facility happened quickly, the planning for this contingency has been well underway as part of the agency’s top to bottom review.”

The annex, at 7466 Centennial Blvd., is classified as a minimum-security work release facility, which primarily housed about 320 inmates who served on work details around Davidson County.

Officials said the inmates would be reassigned to other TDOC prison facilities and inmates on work detail would be assigned to the Charles Bass main facility.

The annex is expected to be evaluated to determine if upgrades are possible or if it should be permanently closed. Until that determination is reached the facility will remain vacant.

Staff assigned to the annex will be reassigned to the Charles Bass main facility or to one of the three other Nashville prisons.

4 Comments on this post:

By: govskeptic on 11/8/11 at 6:43

As the prison systems here and nationwide become fuller and fuller
early releases and short sentences are going to be a reality. Where
the decisions are made and by whom in the Penal system is going to
be very important to the citizens of this state. Often the decisions of
what type persons or crimes should be favored for early release are
the wrong ones, let's hope in this state we can get it as correct as
possible in these important decisions!

By: treehugger7 on 11/8/11 at 7:42

Fat chance of that! Can someone tell me why convicts are put in minimum security like this? Anyone can climb a fence--why even bother with one. Apparently they came to the same conclusion. So now small time theives can roam at will. Lock your doors folks! Was this a CCA prison? Doubt it, they are too busy making plans to lock up illegals...

By: tgs on 11/18/11 at 7:05

1941年、コーチ アウトレットアメリカはニューヨークのマンハッタンにてマイルス・カーンコーチバッグ激安、リリアン・カーン夫妻達の皮革職人による家族経営がCOACH アウトレットの始まりです。もともとは丈夫な野球のグローブを参考にカバンを作成していたので、激安コーチバック 使えば使うほど味の出る皮(レザー)コーチ バッグを主な商品としていましたが、元トミー・ヒルフィガーでデザインコーチ 財布 激安 やマーケティングを担当していたリード・クラッコフを迎え、コーチ トートバッグ実用性のみならずファッション性の高い製品へと近年変貌を遂げました。コーチ ハンドバッグ今ではすっかり定番となった、「シグネチャー」シリーズの登場により、コーチ ポピーバッグ売り上げを伸ばし続けている老若男女問わず愛されているブランドですコーチ 時計。COACH製品は高い技術で製造され、コーチ サングラス素材にもこだわり、サイズ、形、ポケット、コーチ ショルダーバッグストラップは機能性を十分に考え綿密に計算され、コーチ レザーバッグ内側のポケットなどの内装部分も一貫性を保つためすべて同じ皮で作られますコーチ 財布。以前はNYキャリアウーマンの代名詞でしたがコーチ 長財布、最近日本の女性にに大人気のコーチ ブレスレット。渋谷のフラッグシップショップなどコーチ ベルト、日本市場の好調を受け、 コーチ バッグ アウトレット 大幅増益が見込まれていますコーチ店舗

By: tgs on 11/18/11 at 7:06

トリーバーチは、アメリカの人気女性デザイナーで、トリーバーチ アウトレット2004年2月にアメリカ・ニューヨークのトリーバーチ靴ノリータ地区にフラッグショップ"Tory Burch"をオープンしました。トリーバーチ バッグその後瞬く間にハリウッドスターをはじめ多くセレブから熱い支持を受け、トリーバーチ 通販今や全世界の幅広い女性から注目を浴びています。トリーバーチ 財布(Tory Burch)は、世界のトップモデルやセレブな方たちがこぞって愛用しているトリーバーチ ハイヒールことでも有名で、その中でもトリーバーチ シューズ、サンダル、トリーバーチ トートバッグなどは、すでに日本でもトリーバーチ ショルダーバッグセレクトショップなどを中心に大人気になっています。トリーバーチ ベルト女性らしい華やかさを感じさせる色使いや光沢感を絶妙に醸し出していますトリーバーチ フラットシューズ。今、アメリカ中で大人気のトリーバーチ 店舗。パリス・ヒルトンや二コール・リッチー、リンジー・ローハンなど多数のセレブにも大人気で、トリーバーチ 激安日本でもじわじわと人気が出て来ています。トリーバーチ 靴 激安フラットシューズ人気の今、トリーバーチは見逃せないブランドです。